はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

考えるヒント16

9を掘り下げる

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

度数と症状

程々の悲しみは人に「強さ」を与えるように思える。

そういう歌があった。

 

 

程々の苦痛も強さを与えるように思える。

しかしながら、度を超えると「精神疾患」に繋がる。

 

 

食べ過ぎると胃もたれを起こし「吐き気」が出る。

悲しみも、背負い過ぎると「吐き気」が出る。

 

 

もしかしたら、人間は「取り込み過ぎたもの」を吐き出す作用があるのだろうか。

これは物理的な話にとどまらないように見える。

 

 

しかし、依存症はどう説明されるのだろうか。

アルコール依存症

ギャンブル依存症

 

 

快楽は取り込み過ぎても吐き出さないのだろうか。

「吐き出さない」のではなく、「吐き出せない」。

つまりは、取り込んでいるようでそうではない。

吐き出す必要性がないということなのだろうか。

 

 

つづく