人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

オーソモレキュラーの怪しさ。栄養が全てではない。

科学者は何故自分の分野に執着をするのだろう。 実績が欲しいからでは? 心に良くない食品、赤ワイン。 これには失笑してしまった。 真面目に突っ込むならば、栄養素は原子、食品は分子、分子が大量に集まった物体は食習慣と言える。オーソモレキュラーは食…

ワクチン打って重症化は防げても、他人には移すのでは?

アメリカとイスラエル、日本の数字を見て思います。 東洋経済より引用 本当に、発生源は若い人が中心なのでしょうか。 重症化を防ぐ、とは裏を返せば、とりあえず感染はする。ではないでしょうか。 ならば移す可能性を否定できないのかなと思ってしまいます…

5kg痩せました。草

やったことまとめます!・朝ごはんは無糖ヨーグルト、蜂蜜、バナナ、マンナンご飯、、野菜サラダ、納豆など、ローテーション ・昼は主食を豆腐かマンナンご飯、野菜サラダ、たまに唐揚げ、納豆などローテーション ・夜はマンナンご飯、野菜サラダ、納豆、み…

もう一度紹介したい記事。隙間時間の見方

おすすめです。 nainaiteiyan.hatenablog.com

科学的根拠がない、と否定する場合、必要なのはまず反証可能性があるかどうか。現代科学で根拠のない理由を100%説明できるのか、それともまだ現代科学では説明できない現象があるのかという説明

感情が先行すると一方的な否定になるのはAmazonでよく見受けられる。ただ「科学的根拠がない」と言うだけなら素人でも言える。説得したい場合、もしくは否定したい場合、専門家は未発達の研究領域について、併せて説明しなければならない。 その説明がない限…

アカデミックの構造。無駄な研究はあるか?

上智大学より引用。 学問は、地図に例えることができると考える。 それが以下の画像である。 (すみません、マウスがないので傾き直せないです。) 島が大きい枠組みである。(数学、化学など) 点は発展途上の研究分野であると考える。 研究とは、島と島を繋ぐ…

建築学を「暗記術」に応用する。柱。建物。全体性

暗記はただの単純作業と捉えてしまうと効率が悪くなり、時間を無駄に消費することになる。 暗記の作業は基礎工事と似ている。 部分だけを考える(つまり、全体を考慮しないただの作業)ことは、全体として捉えると、無作為に柱を打つようなものである。 暗記を…

物理学の概念を用いて健康を考える。動摩擦係数

押し始めるときの力と、押している状態の力は少し違う。 これを比喩として、健康を考える。 押している状態を健康として考える。止まってしまったら不健康とする。 押す力、すなわち健康を維持するためには、免疫力、栄養、環境、精神状態、薬、運動、といろ…

最近の自己啓発は栄養に関する本が増えた

気づくのが遅いですね。栄養学や医学を軽視した、精神論という(精神は物質に勝るという思想、すなわち心身二元論的な考え方。デカルトの誤った考え方。)、昭和のような、効率性に欠ける仕事術がようやく見直された気がします。僕は毎日、早朝に軽く走ってま…

電車の謎ルールを心理学的に解剖する

前回の記事を考察した。 nainaiteiyan.hatenablog.com これは、選択的注意から説明がつきそうだ。 カクテルパーティ効果と同じで、人は騒音を気にするかどうか無意識に判断している。 会話は内容が掴めるが、通話は話し相手が何を言ってるのかわからないため…

日本の謎ルール 電車編

多少の会話は許されるが、何故か車内では電話は控えるようにアナウンスされる。 これはカフェでもたまに見受けられる。 カフェで電話をしている人に対して、「ほんと、駄目だね」と、サラリーマンが愚痴を言っていたが、カフェの起源をたどれば、そもそもカ…

栄養精神医学と免疫学を統合的に分析できる人間は日本に存在しない。

何故ならば、最近ようやく栄養精神医学という概念ができたからである。 「ようやくできた」とは、今まで、医学だけで説明がつかなかったことを別の分野から説明できる可能性があるという意味でもある。免疫学の観点から全てを判断するような、多面性に欠ける…

ポイ捨ては人を退廃させる

僕はポイ捨てしません。 怒りが爆発しても、耐えられる人間になりたいです。全体は部分の総和ではないです。(ゲシュタルト) ポイ捨てが繰り返されたら、ただ物理的にゴミが増えるだけという訳ではないので。僕は、皮肉満載の記事を書きまくってますが、これ…

職務質問に対して「任意ですよね任意ですよね」とうるさい人たち

ハッキリ言って頭が悪いと思われる。一種の拡大解釈ではないだろうか。確かに線引きは難しい。しかし、何も問題がなければさっさと済ませるのが賢い選択ではないか。抵抗するだけ時間を消費していく。『憲法判例』を読むと、事件の重大さや急ぐ必要のある場…

♪打算打算打算~、打算が増えると~

♪心心心~心が狭くなる~打算打算打算~打算が増えると~コスパコスパコスパ~コスパが気になる~、、、さあ~皆で打算を増やそう~打算は僕らを~退廃させる~

コロナに関して、街で人々に訴える人たち

勇気は讃えたい。 僕には出来ない。だから尚更もったいない。 「熱中症のリスクがあるから、マスクは外しましょう!!!」僕も賛同する。 論文においても、予防効果はないと書いてある。しかし飛沫は防ぐ効果はある。訴える人は、実は言説の内容が良ければよ…

読書論。定性と定量のバランスを確保したい。

論文は客観の集まりだと見ている。それに対し、書籍は、学術に近ければ客観が強いが、論文ほどではない場合もある。新書や文庫、思想書になると客観性が少し抜けていき、主観性が上昇する。タレントの本やエッセイになると主観が主になる。しかしバランスが…

「気合いを入れる」とは、本来やりたくないことを無理矢理行う態度である

どんな状況にせよ、もし「効率」を優先するならば、それは効率的でない。本来やりたくないことをやる、そこにモチベーションはないからである。モチベーションが生まれて始めて作業が加速するのである。無理矢理作業を行う場合、モチベーションを保つために…

大学院入試日記 その3 願書郵送

やっと郵送の準備が終わりました。あとは振込証明を貼り付けて、郵便局で郵送です。いやー、けっこう疲れました。あとは本番の9月までてきとーに頑張ります。気合い入れたところで受かるわけないので。9月の院試に合格したら院試受験論をこのブログに書き連…

PCR検査数が増えると感染者も増える、それは誤り

相関関係を確認しましょう。計算しました。検査1件あたりの陽性者数、死者数など調べると、関係ないことがわかります。火曜日に感染者数が増えるの原因は、「火曜日に感染者数が土日と比べて多くカウントされるから」だと思われます。

目標がモチベーションを作るのではなく、モチベーションが目標を作る。

目指せ慶應大学!、、、しかし大抵の人は落ちる。基本的に、目標はモチベーションを生まない。 反論があるかもしれない。しかしながら、その反論は誤解が多いかもしれない。自分の内発性、つまり心から溢れる力を羅針盤にしなければ、何事もうまくいかない。…

ラッセル幸福論 メモ 恋愛・競争

恋愛とは協力を生みだ出す最も一般的な形体である。 悲劇を演じることは、憐れみと恐怖で観客の心を浄化するため。 現代の (ラッセルは1970年まで生きている) 人間が言う、「競争」とは、「成功するため、他人を追い越すためであって、生存競争ではない」。…

系列位置効果を用いた単語カード勉強法の提案

nainaiteiyan.hatenablog.com これは心理学を学んでいる方であればほぼ全員知っている理論である。 最初に記憶したものと、最後に記憶したものが残り、時系列的に中間のものは記憶になりにくいという現象である。 これを単語カードに応用する。 結論:単語カ…

婚活はネオリベラリズムの象徴という仮説 第2回

品定めをする側に立って考えてみた。 もし自分が小学生のあの頃に戻ったらどうだろう、と。 小学生は高級ブランドと、一般的なブランドの相場の剥離性を知らないことが多いと思われる。 何故ならば、お小遣いが少ないこと、行動範囲が狭いことから、そもそも…

婚活はネオリベラリズムの象徴という仮説

通称ネオリベ。一元的な考え方が特徴で、何でもかんでも自由を掲げる。 理想的な政府像は、軍隊と警察だけがあればいいとのこと。巨大な企業が低賃金の労働者の支えによって成長していき、貧困が増えるということで問題。しかし、僕は既にある程度日本人の価…

原因の帰属問題

本日、ながらスマホが原因と思われる、痛ましい事故が発生した。 僕は原因を考えてみた。 ネットには心ないコメントが多数ある。 彼らは無知なのだ。 その背景にはどんなことがあったのだろうか。 ながらスマホなど、氷山の一角に過ぎない。 この問題は、現…

『私が見た未来』を哲学的に吟味する

なんか、怪しい予言書がニュースに出てきました。 予言が当たりすぎて、メルカリで10万円で出品されています。 まず、冷静になりましょう。 反論材料 ・災害が起きると、たまたま当たった人だけに注目が集まる。 ・外している人が圧倒的多数。 仮に、日本人…

不安を抱える就活生がいたとしたら、僕はこういう風な提案をしたい

認知再構成法を用いてこのような提案ができる思います。焦ったまま、なり行きで会社に入っても良いことはない。不安なのは、状況のコントロール無能感からであって、実は何かこだわりを持っている。それは、「~すべきだ」という信念から来るものかもしれな…

大学院入試日記 その2 指導員、研究テーマ、出願決まる

昨日、研究室訪問が終わりました。結論は、院試を是非受けて下さい、とのこと。研究者は論文ベースで理論を構築しなければならない、つまり、より精密な客観性、論理性が問われます。このブログで発信する記事の信頼性を上げるためにも、これからも日々、己…

証拠と根拠の違いについて

証拠は事実を明らかにするための拠り所。根拠は主張を事実とするための拠り所。つまり、根拠は何かを主張するために必要なものであって、証拠は事実を明らかにするためにある。微妙に違う。つまり、 証拠がない→仮説をささえる事実がまだ見つかっていないと…