人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

記事は消さず眠らせる

昨日の記事、やっぱり違うなと布団で考えてました。 しかし、消さずに残しておくことで記憶に残ると判断しました。 僕は、失敗は記憶に残りやすいからです。 新入社員の頃の膨大な失敗は頭から切り離せません。 ある意味トラウマです。 でありますので、過去…

早口言葉と差異

早口言葉が何故言いにくいのか再考。 nainaiteiyan.hatenablog.com nainaiteiyan.hatenablog.com 僕はやはり「対比」「差異」で説明がつくと考える。 勿論、厳密に論じれば本一冊分の文字数になるので詳しい部分は割愛。 早口言葉は、「差が少ない」ために「…

「お買い物は投票」という勘違い

現時点ではやはりそう考えている。 この記事のつづき nainaiteiyan.hatenablog.com そもそも、庶民には先を見越して消費行動(すなわち投票)できる能力などない。(勿論僕も含めて) 投資を生業として生きるトレーダーや投資家、資本家ぐらいしかいないと僕は思…

電子書籍・国家・複製・淘汰

AmazonのKindleUnlimitedという、「本読み放題」のサービスがある。 しかし完璧ではない。 専門書が少ない。 また、1日に新しく出てくる本の量に対してカバーしきれていない。 だが、読み放題が一部の古本を淘汰したと言える。 それは「複製」という機能が果…

フラクタル構造の構想・その先について

こちらの続きです。 nainaiteiyan.hatenablog.com 僕は今、過去に残した2000弱の記事を、まとめる作業をしています。 nainaiteiyan.hatenablog.com 今までの僕のブログは「点の集合体」でした。 二次元ですらないわけです。 今は「線」を引いて繋げています…

フラクタル構造で政治と倫理学を考える

初めてこのブログに遭遇した方向けに : フラクタル構造に関してはこちら nainaiteiyan.hatenablog.com 置き換えて考える。 国家⇒人間(全体、という意味で) 大統領⇒脳(司令塔、という意味で) 組織⇒内臓 国が大統領の仕事次第で情勢が変わる仕方で、 同じよう…

大澤真幸『恋愛の不可能性について』解説

こちらも参照を。 nainaiteiyan.hatenablog.com 参考文献:ジョルジョ・アガンベン『スタンツェ』ちくま学芸文庫 大澤真幸『恋愛の不可能性について』ちくま学芸文庫 端的に言えば、「認識の不可能」である。 例えば、 「彼女が欲しい」 というのは、 「気持…

抹茶味の青汁。青汁味の抹茶。

抹茶味の青汁一択!!!!! 何故ならば、この選択肢は平等ではないからだ。 味は抹茶が良くて、青汁のほうが栄養豊富。 美味しいことばかり!!!!! では問いたい。 幸福味のお金と、お金味の幸福。 どちらが良いか。 つづく

対比・グラデーション・フラクタル構造

便宜上こちらにまとめておきたい。 nainaiteiyan.hatenablog.com nainaiteiyan.hatenablog.com つづく

多様性・グラデーション・対比

こちらの続き nainaiteiyan.hatenablog.com 「今は多様性の時代」 「人それぞれ」 僕は過去に、 多様性≒多元的≒グラデーション と書いた。 nainaiteiyan.hatenablog.com 今は、「対比」が隠れていると考える。 一元的なことを考える。 グラデーションは、濃…

対比・ギャル・流行

こちらの続き nainaiteiyan.hatenablog.com 人は言う。ファッションの流行は「繰り返される。」 僕は言う。ファッションの流行は「対比」である。 勿論、若者はアイドルの「模倣」であることが多い。 しかしながら、ファッションの仕掛人は「対比」でファッ…

対比・認知・ジェスチャー・漫画

漫画は映画と違い、点(すなわちコマ数)が少ない。 にも関わらずら物語が分かる。 僕はまずこう考えた。 「人は動作を点として認知する。」 しかし、それは違う。 点で認知するのであれば、 徐々に絵が変わっていき、「どこが変わりましたか?」 というクイズ…

考えるヒント10

人生の効用と利益 「人生はお金が全てだ」 「人生はお金が全てではない」 この両者の考え方のズレを解明したい。 富の追究≒利益の追及 幸福の追究≒効用の追及 資本主義と豊かさが語られる時、「稼ぐことで人類に豊かさをもたらす」という文句が必ずといって…

思想が「危険なもの」と語られる悲しさ

犯罪に関する本もたくさん読んできました。 茨城県の駅殺傷事件、相模原殺傷事件、 『死刑でいいです』や『死刑のための殺人』など。 「○○(犯人の名前)の思想」という言葉が度々出てくるのです。 なんとなく違和感を感じます。 ○○の考え方 ○○の価値観 ではな…

読書は呼吸

今週のお題「読書の秋」読書に関してはいくらでも書いてきました。 敢えて言うならば、「読書は呼吸」。 人は酸素に生かされているわけですが、 僕の場合、本に生かされているわけです。 本無しに僕の人生は語れません。 僕は読書依存症です。 毎日新品の本…

僕が合コンを止めた理由

話が噛み合わない 27歳くらいまでは楽しかったと今は思う。 28歳で噛み合わない時が多々あると感じ始め、 29歳でもう無理だなと感じた。 「趣味はなんですか?」 「読書とブログです」 「へー、何読んでるんですか?」 「幅広く読んでますよ♪」 「家にどのく…

音楽・言語・効果

「○○なものは△△ではなく、△△なものは○○ではない。」 これを使えば簡単に強調できる。 幸せはお金(≒量)ではない、と言いたい時。 「幸せは量的なものではなく、量的なものは幸せではない。」 二回繰り返すと力が出る。 音楽も同じメロディの繰り返しが多い。 …

集団・心理・ラポール

集団の心理は塊のようなもの。 暗黙の了解があり、そこには法則がある。 集団の心理も、塊に対し力を与えて崩す仕方で、ラポールを用いて崩すことができる。 その応用として、「行列の割り込み」がある。 集団の一部にラポールを仕掛け、「同化」することに…

直近3日間の記事まとめ 17記事

nainaiteiyan.hatenablog.com nainaiteiyan.hatenablog.com nainaiteiyan.hatenablog.com nainaiteiyan.hatenablog.com nainaiteiyan.hatenablog.com nainaiteiyan.hatenablog.com nainaiteiyan.hatenablog.com nainaiteiyan.hatenablog.com nainaiteiyan.h…

化学式・言語・フラクタル構造

フラクタル構造シリーズのつづき nainaiteiyan.hatenablog.com 度々、「硫酸」をかける犯罪が起こる。 H2SO4。 水素、硫黄、酸素。 僕は大学の化学科にいたわけだが、分子が集まって化合物になると、性質が組み合わせによって何故変わるのか、本質的な理由が…

意味・多重・フラクタル構造

フラクタル構造シリーズのつづき nainaiteiyan.hatenablog.com この記事は頭が疲れます。マニアな方のみお読み下さい。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 僕は過去に「象徴」について書いた。 象徴とは、意味…

考えるヒント9

度数と対立 何事も程々が良いみたいだ。 何故なのか。なかなかわからない。 程々の圧力はマッサージとなり 程々の恥はバネになり 程々の欲はモチベーションになり 程々の運動は健康となる 度を超えれば、 痛み トラウマ 依存 不健康 になる。 行きすぎた運動…

与えられる集中力

僕の仮説としては、 「集中力は在ったのではなく、発生した、または授かった。」 このことが考えられます。 過去に環境と集中力について記事にしました。 nainaiteiyan.hatenablog.com 何故か。 例えば、駅のホームについたけれども、あと10分待たないと電車…

動摩擦と体力について

動摩擦についてはこちら。 nainaiteiyan.hatenablog.com 結論から書く。 「何もしないでいるよりかは、常に何かをしたほうが楽になる。」 という普遍的な法則があるように思われる。 体力⇒何もせず楽をし続けると長期的には体力がなくなり、少しの運動で苦し…

考えるヒント8

折り紙と平面、物語について書いた。 nainaiteiyan.hatenablog.com 今日僕は思った。 物語も平面になる時がある。 「伏線が回収された」 と表現されることがある。 これは、物語に折り目がついて、折り紙を折るようにピッタリ重なることを意味するかもしれな…

夢と存在の非対称性について

意味不明なタイトルになってしまいました。 しかし、短いフレーズにしようとするとこうなってしまいます。 ーーーーーーーーーーーーーーーー 例えば、「みかん」が目の前にあるとします。 みかんを「見る」のは僕。 「見られる」のはみかん。 ここまでは当…

希少性・量・質

Nさん有り難うございます。 続きです。 nainaiteiyan.hatenablog.com 前の記事では、「希少性を価値で説明する」ことによって、 価値が価値を語る、つまり「同語反復」になることを書きました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー…

電車・遅延・帰属

バスは遅れても「すみません」とは言わない。 電車は何があっても「申し訳ございません」という。 バスは渋滞があるから。 電車はレールだから。 いや、おかしい。 ホームにおける、お客さんの混雑も渋滞と変わらない。 帰属先がランダムか、管理下なのか、…

希少性と同語反復について

価値と希少性に関する考察のつづき。 nainaiteiyan.hatenablog.com 僕は「所有」に引っ掛かりを感じる。 所有は「モノ」だけではない。 ジャニーズと1日過ごす権利。これは「他者の時間」の所有である。 希少性とは「差し出さない意思を崩すもの」と書いてき…

考えるヒント7

喪失と変化 日本における、1990年代以降の不況とソ連の崩壊は全く関係がないわけではないだろう。 「ほらみたか、社会主義は駄目なんだよ」 そして「新自由主義」が加速。 郵政民営化。規制緩和。格差拡大。 何かに似ている。 誰かを「喪失」した人の性格が…