はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

本棚と配列

ャンル別や「あいうえお」順で並べられた本棚には生気を感じない。

いわば、機械的な存在。

 

 

小説は文庫サイズでだいたい10万文字とされる。

その中身はというと、「あいうえお」順で並べられたひらがなを、形式的でありながらも、ランダムに抽出され、配列されている。

 

 

このようにして、本棚にも物語りを作りたい。

1000冊もあれば十分ではないか。

形式的でありながらも、ランダムに抽出し、配列する。

 

 

本棚に生気を吹き込む。

下手な美意識は要らない。

一冊一冊に命が生まれる。

 

 

つづく