はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

中身がない、とは

識人は往々にして大衆文化を軽蔑する。

「A○B48の音楽は中身がない」

「最近の小説は中身が空っぽ」

 

 

池田晶子氏は「ないものはない」という、存在論的なアプローチから「ある」ものと「ない」ものとの間にある断絶について語った。

 

 

中身がない、とは何を意味するのか。

実は本人もよく分かっていないのではないだろうか。

 

 

「読んだあとに何も残らない」

吉本隆明はそのように表現していた。

何も残らないということは、本当にあり得るのだろうか。

とすれば、いったい彼は何を読んだことになるのか。

まさか、ないものを読んだということはないだろう。

 

 

これは考えものである。

 

 

つづく