人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

考えるヒント10

人生の効用と利益

 

「人生はお金が全てだ」

「人生はお金が全てではない」

 

 

この両者の考え方のズレを解明したい。

 

富の追究≒利益の追及

幸福の追究≒効用の追及

 

 

資本主義と豊かさが語られる時、「稼ぐことで人類に豊かさをもたらす」という文句が必ずといってよいほど出てくる。

 

 

では、効用という名の利益を追及した場合はどうか。

つまりは、世の中の仕組みが利益の追及ではなく、効用の追及が優位になる場合。

 

 

効用を最大限にする場合、「幸せ」を維持するための力学が働くので、必ずしも仕事をしないことを意味はしない。

 

 

何もしなければ人は死ぬ。それは効用の追及とは言えない。

 

 

もしかしたら、お金が全てと言う人は、

人生は利益の追及

 

 

お金が全てと言わない人は、

人生は効用の追及

 

 

 

この違いの可能性もある

つづく