はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

本屋さんでやってみたいこと

・偶然、となりの女性と同じ哲学書を手に取る。

 

「あ、すみません」

「いえいえ」

「どうぞどうぞ」

「いや、私は大丈夫なので・・・」

「チャールズ・テイラーに興味をお持ちで?」

「え??ああ、、そ、そうですけれども。。」

「何故チャールズなんですか?」

「承認欲求について、ちょっと学んでみようと思ったんです。」

「へえ。凄いですね。ちなみに、大学院生さんとかですか?」

「あ、はい。ちょっと研究していまして。。」

「なんと、これは凄いことですよ。あの、よろしければお茶でも」

「はい?」

「あ、申し送れました。私、哲学を専門に勉強している、大学院の試験を今年受けるものです。よろしければ、いろいろお話をお聞かせいただきたいのです。お礼はしますので。。」

「そうなんですね。」

「お時間とか大丈夫ですか?突然すみません」

「いえいえ。少しだけなら。。。」

「本当ですか!ありがとうございます」

「いえいえ、こちらこそ」