はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

本日の読書をふりかえる

マルティア・センの『不平等の再検討』は、なんとか読み通すことができそうな本であると感じる。

この、読めなさそうで実は読めるのではないか、というギリギリの本が一番知的興奮を高めると感じている。

 

 

哲学書は残念ながら、意味不明な本が数多にあり、積ん読のままである。

デリダ『散種』

チャールズ・テイラー『自我の源泉』

メルロ=ポンティ『自然』

etc.

 

 

明日はグレーバー『負債論』のつづきを読み進めたい。

しかしながら、分厚すぎて、カフェで読みづらい。

でもそろそろ読まなければ、と感じている。

 

 

はらだみずき『海が見える家』も楽しみである。

中山元『正義論の名著』はおそらく明日に読み終えるだろう。

 

 

その他、積ん読がたまっている。

2月から読み方を変えていこうと感じる。

つづく