はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

読書日記408

正昌樹『ポストモダンニヒリズム』のつづきを読む。

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

 

この本は恐ろしく難しい。

デリダによるベンヤミン解釈は、神話と暴力に関していろいろと論じられているが、『正義論の名著』を読んだことで若干理解することはできた。

 

 

しかしながら、つづくアドルノルカーチブロッホらが論じた主体、客体に関する話はさっぱり理解出来なかった。

 

 

古本屋か図書館に行き予備知識を得なければ、これは太刀打ちできないと感じた。

仲正氏はいろいろと本を出しているが、本書はかなり専門的である。

 

 

つづく