はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

物語が長く感じる夢を見る

日はかなり長い夢を見る。

これは長く「感じた」だけで、錯覚なのかもしれないという可能性もある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東北から神奈川へ電車で帰る場面だった。

するとアクシデントで長野県で止まる。

ここからは各自、バラバラで帰るように、と。

つまりは、ここで解散、ということであった。

 

 

僕はそのときの光景をまだハッキリ覚えている。

駅のホームは2つしかなく、小さな駅だった。

 

 

○○行き

と書いてあっても、夢のなかではスマホを使って調べる能力はなかった。

どこにいく電車かも分からない。

すると、

高田馬場行きの電車来るぞ」

と誰かが言う。

 

 

しかし、30分以上待たなければならないことがわかる。

するとひねくれ者の僕は諦め、別のルートから帰ることに。

駅を出ると近くに中学校があった。

 

 

勿論、夢なので意味不明のことばかりである。

その中学校から別のルートで帰れると分かったあとに、そのルートで帰ることにしたが、気づけばアスレチックみたいな、気を使う大変な道に巻き込まれ、もうひとりの同級生もあとから続いてやってきて、二人で協力して帰ろう、という夢であった。

長い。

しかしここまで秩序のある夢を久々に見る。

つづく