はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

夢のなかの物語がつづく

のことを記録に残していくと現実と区別がつかなくなるという批判がある。

そんなこと知ったこっちゃない。

それがどうしたというのだろうか。

 

 

 

今日は一ヶ月ほど前に見た夢のことが「記憶」として頭に入っていて、今日の夢のなかでその記憶が引き出された。

「あの子って今あれしてなかったっけ?」

という具合に。

 

 

 

僕はそれをちゃんと現実と区別している。

その子はあれをしていない。それは、僕が以前夢で見た内容をそのまま語ったにすぎない。

認知に対する認知。

改めて人間の力の偉大さを実感。

 

 

人にできることは知れている。

しかしながら、その一方で無限を感じるほど人間が秘めている能力をも同時に感じる。

 

 

つづく