はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

AIと小説

AIが小説を創り出す。

そしておそらく、僕はそれが人間が書いたのかAIが書いたのかは区別できない。

ただ、それがどうしたというのだろう。

 

 

ディープラーニングというものは、ようするに学習であって、鶏が先か卵が先かでいえば、学習が先ではないか。

つまり学習するためには人間が「これが小説というものだ」と教えてやらなければならない。

 

 

人間が生み出したあらゆる小説のパターンを教え込み、AI自ら書けるようになる。

しかし所詮はAI。

無限のようで有限。

たとえば、アイデアは組み合わせで生まれるという性質がある。

AIにできることは「形式的」なものだ。

つまり、あり得ないような美しい小説が生まれるとは思えない。

 

 

精神が先になければ文字にはならない。

AIに精神はない。

であれば、何故精神を持つ人間をAIが、いったいどうして精神の塊である「小説」のなかで超えることができるというのだろうか。

 

 

つづく