はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

久々に明晰夢をみる

本日、久々に明晰夢をみた。

 

夢のなかでなんらかの面倒くさい仕事に追われていた。

ところが僕は悟った。

「これは夢に違いない。」

 

そうして安心感を得たわけではあるが、完璧な明晰夢とはほど遠い内容であった。

というのも、夢とは理解できたように思えるものの、コントロール感が足りなかった。

 

 

「これは夢なんだから」

という意識のようなものはあったものの、夢のなかで自由に遊ぶような、完璧な覚醒状態にまでは至らなかった。

 

ただ、夢の記憶をできる限り記録していくことは、明晰夢に近づくための条件であるような気はした。

 

就寝時間0時20分頃

起床8時

であった。

つづく