はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

夢を見ないのではなく、記憶を引き出せていないという仮説

参考文献:エルヴェ・ド・サン=ド二『夢の操縦法』国書刊行会2012年

 

 

睡眠に関する論文はまだ手を付けていないので、あくまでエンタメとして。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この本はフロイトも読んだそうで、「明晰夢」を見るために人生を捧げたような人のお話である。

 

 

夢日記をひたすら書き続け、1700日目くらいで悟ったようである。

本によれば、夢は断片的ではなく、物語として秩序付けられているとのこと。

 

 

断片的に感じるのは、彼によれば「訓練不足」だそうで、夢を「記憶」する技術の問題であるそうだ。

 

 

 

僕もたまに明晰夢を見る。

ラインのメモ帳によく夢の内容を書いていた。

夢はアイデアの宝庫である。

フロイトの『夢分析』が読みたくなってしまった。

 

つづく