はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

苦しい時、悩んでいるときは逓減の法則を

床心理学では「反芻」という用語が出てくる。

それは、過呼吸に似ている。

つまりは、考え事が「過剰に」増えているということ。

 

 

そんなときは「マインドフルネスです」といっても、簡単なことではない。

「コーピング」といって、リフレッシュする活動や、何か気をそらす方法も考えられる。そのひとつとして、逓減の法則を僕は用いる。

 

 

そういうとき、僕はひたすら歩き続ける。

一歩一歩、時には歩数を数える。

風を感じる。

 

 

疲れるかもしれない。

でもそんなとき、実はちょっとしたことでも満足感を覚える。

お腹がすく。でも目の前に集中する。

 

 

家に帰る。

もしくはカフェに入る。

そこで味わうコーヒーはいつも以上に多い。

暖かい部屋にいつも以上に幸せを感じる。

何故なら、これは逓減の法則に則していると思うからである。

つまりは、「空腹は最高のスパイス」である。

つづく