はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

読書日記608

読んだ本:

引用元: 版元ドットコム

つづきを読みすすめた。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メモ

 

なし

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日記

 

将棋について語られた。

将棋やスポーツ、数学や科学の学問は決着がつく。

池田晶子氏は文系の学問に決着がつきにくいことを語った。

 

 

また、池田晶子氏の文壇デビュー当時は、訳のわからないことを語るネーチャンだと揶揄されたことを語る。

しかし、決着をつける方法があった。

ソクラテス式問答であった。

 

 

ここに活路を見出し、池田晶子は技術を磨いた。

その成果は恐らく『無敵のソクラテス』に少なくとも表れている。

簡単に言えば「論破」である。

しかし、論破とソクラテスの反駁は次元が違う。

ソクラテスは本質へと掘り下げていく。

 

 

本質は現実に先行する、と個人的には思う。

現実は捉えどころがない。

だからこそ本質から詰めていく必要がある。