はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

2021-11-09から1日間の記事一覧

フレイザーvsホネット

こちらのつづき nainaiteiyan.hatenablog.com ※あくまで独学である。誤読があると分かればすぐに別の記事にて訂正していきたい。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「承認」の定義を引用 "相手を対等であると…

考えるヒント23

力を借りる 心理学はいうまでもなく、哲学から派生した。 しかしながら、派生するためには「数学」の力も必要とした。 また、実験をするには「技術」も必要とされた。 何事も「一人」ではできない。 イチロー氏も、毎日バッティングセンターに通うには「親の…

『再配分か承認か?』読解1

本日より、法政大学出版局「ウニベルシタス」シリーズの読解をブログにしていこうと思います。 その前に、僕と大学院入試の話を書きます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 僕は認知行動療法を受けていた当初、現代哲学…

楽しいから続くのか、続くから楽しいのか

継続と不確実性 僕は、このタイトルを考えるときにいつも思うことがあります。 「継続は力なり」 いやいや、当たり前じゃないですか。 逆に、継続が力にならないということは、要するに「断片的」であって、行っていたことがそれぞれ「独立」していたという…

ニュートンかゲーテか

ゲーテはあらゆる学問を横断的に研究した、いわゆる万能型の人物であった。 ニュートンは自然の法則を掴むことに耽溺した、天才型の人物であった、 万能であることと、一点集中のタイプ。 どちらが優れているか、そんなことは全くもってどうでもよい。 自分…