はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

読書日記709

読んだ本

引用元:版元ドットコム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メモ

 

ソクラテス

''恋するも者の愛情とは、けっしてまごころからのものではなく、ただ飽くなき欲望を満足させるために、相手をその餌食とみなして愛するのだということを、知らなければならない'' P53

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日記

 

恋愛の話から魂の話へと展開される。

後半の魂に関する対話は奥が深く、すんなり理解できるほど易しくはなかった。

「魂は不死である」

ソクラテスは語る。

 

・・・

 

ソクラテスの思想はマルキ・ド・サドと対照的であるようにみえる。

というよりかは、サドの思索力に問題があるのか。

サドについては詳しく分かっていないので言及は控えたい。

 

 

ソクラテスは、自分自身の支配者であるとし、恋愛に更けるものを「欲望の奴隷」と語る。

おそらく批判の対象は愛欲、性欲であって恋愛そのものではないと思われる。

「快」自体は善であると他の著書で語っている。(『プロタゴラス』)

 

 

吟味すべきは「性的倒錯」である。

 

 

ここのところ、スタバに行く度に隣の隣の席あたりから恋愛の話が漏れてくるのであるが、やはり人類、根本的な部分は不変であるように思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連図書

プラトンプロタゴラス岩波文庫

nainaiteiyan.hatenablog.com