はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

読書日記606

読んだ本:

引用元:版元ドットコム

つづきをよみすすめた。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メモ

 

イーグルトン「一般に、評価されている著述のタイプに属してさえいれば人々はそれを文学と呼ぶ」

 

イーグルトン「それ自体で価値のある文学作品は存在しない」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日記

 

小林秀雄の本と比べながら、西洋と東洋の文学観を比較してみたいと思い今日も読み込む。

60ページにまで及ぶ序章をようやく読み終えた。

文学とはなにか、という問いに対する答えが部分的に明るみになったように感じた。

(メモ欄に記載の通り)

 

 

文学は時代背景によって価値評価に幅が出る。

再評価される哲学者や社会学者がたまに現れるのを目の当たりにしてきたので、やはり文学作品は相対的なものであるようである。

 

 

ここで、古典とは何か?と問われれば、文脈から察するに、社会に揉むに揉まれてそれでも生き残った作品、ということで間違いはないと思われる。

 

 

文学作品は絶えず様々な人々から価値判断され続ける。

古典には削ぎ落とせない、あらゆる時代に通ずる普遍的な事実が書き残されている。

 

 

どう読むか、よりも何を読むか、のほうが大事かもしれない。