はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

読書日記605

読んだ本:

引用元:版元ドットコム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メモ

 

セルヴァンテス「文学とは絵空事だ」

 

絵空事・・・物事を誇張したりうそを加えること

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日記

 

 

本書は文学、批評について小林秀雄による若かりし頃の論考となっている。

自然主義のゾラ、サンボリズム(象徴主義)のボードレールについて小林秀雄が語る。

しかし、1時間以上読み込んでもなかなか分からない。

 

 

ピンと来そうで来ない。

自分の力量不足に苛立つ。

 

 

勿論、分かることもあった。

作品を読まずに非難することは愚劣であり、まず作品を読んでからものを言え、という小林秀雄の姿勢だけは確認することができた。

 

 

敢えてこの記事に少々味付けをするならば、哲学的な問いかけである。

小林秀雄は「精神」という言葉をよく用いる印象があった。

人ではなく「精神」である。

 

 

「精神は文体をもたない」

このフレーズに哲学的な趣を感じた。

池田晶子氏も精神という言葉をよく用いる。

 

 

精神は文体ではなく、単語を結合させ意味を形成させる重力のような力学がある。

この不思議な感覚は本書を読んで少しだけ感じた。