はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

考えるヒント12

概念の連鎖。

「奴隷の権利は存在しない。主人の所有物なので、必然的に奴隷の権利は主人の権利であり、そもそも主人と奴隷には契約など存在しない。」

という文章に出会った。

勿論、大昔のお話である。

 

 

 

 

しかし、部分的には現代にその名残はあると考えられる。

ここで食物連鎖を考える。

 

 

 

食物連鎖は持ちつ持たれつのような関係である。

猫にとって鼠がいないと困るが、鼠は雑食なので穀物や魚などがいないと困る。

 

 

 

 

同じように、親会社が委託先として子会社を必要とする仕方で、子会社もまたその子会社を必要とする。

いないと困る。

 

 

 

厳密には食物連鎖と会社は違うが、持ちつ持たれつなのは共に同じである。

 

 

世の中の現象は、部分的には共通していることが多いようにみえる。

権利と自由は密接に関係があり、自由は幸福と関係がある。

幸福とお金はやはり関係があり、お金は会社と関係がある。

今述べたように会社は食物連鎖と似ている部分がある。

 

 

 

つまりは、食物連鎖というよりかは、「概念の連鎖」のようなものだろう。

つづく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

併せて読むとより説得力が出る(かもしれない)記事はこちら

 

nainaiteiyan.hatenablog.com