はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

100年前に生まれた人との対話って、素晴らしくないですか?『日本女性の底力』

この本は、1920年前後に生まれた27人の著名人の方から半生について語って頂いた本です。

その中に、瀬戸内寂聴さんもいます。

瀬戸内さんを知らない人はあまりいないと思うので、一部を紹介したいと思います。

「100冊の本より、1回の恋愛」

彼女はこう言い放ちます。

 

恋愛体質の僕としては、勿論賛同いたします!(すみません)

 

今、街で暗い顔をしている方々はもしかしたら恋愛をしていないのかもしれません。

だって、小中学生の頃を思い出してください。恋愛というものは世界が変わるくらい大きなイベントだったはずです。

大人は、恋愛と聞いて鼻で笑うかもしれません。でも、やっぱりおかしい。

 

もちろんいろいろな事情はあるかと思います。

瀬戸内さんは、今の日本人がおかしくなっていっているのは恋愛をしなくなっているからだと言っています。

 

「恋愛をすれば思いやる気持ち、想像力が育まれる」

 

本当にその通りだと思います。

皆さん、恋愛しましょうよ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本女性の底力 (講談社+α文庫) [ 白江 亜古 ]
価格:792円(税込、送料無料) (2020/4/5時点)

楽天で購入