問い屋さん。読書の「力」を発信するブログ

「INPUT・OUTPUT・読書 (哲学・数学・認知科学・文学・心理学・芸術・色彩心理学・神経言語学など) 」を通じて人生の武器になる強力な問いを提供。問屋ではない。そうは問屋が卸さない。人生は草。楽しく行こう。

2020-04-05から1日間の記事一覧

日曜日の終りにもう一冊紹介したい。『聖の青春』

僕が生まれた頃、村山聖さんという棋士がいました。 リアルタイムで見ていないのですが、今でいうと広瀬章人さんのような若手のスターです。 病に冒されても、何があっても将棋が打ちたい。 将棋、将棋、将棋の毎日。 僕は同情と同時に、嫉妬もしました。 こ…

外出自粛だからといって、散歩までもが自粛しないといけないと思わせるのはいかがなのか。

おかしい。どう考えてもおかしい。 空気感染はないのだから。 もう世界中の人たちがパニックになっている。 ユーモアまでも許されない。 おかしい。おかしすぎる。やばすぎる。 きっとこんな状態で第二次世界大戦も始まったのだろう。 冷静な人たちがマイノ…

100年前に生まれた人との対話って、素晴らしくないですか?『日本女性の底力』

この本は、1920年前後に生まれた27人の著名人の方から半生について語って頂いた本です。 その中に、瀬戸内寂聴さんもいます。 瀬戸内さんを知らない人はあまりいないと思うので、一部を紹介したいと思います。 「100冊の本より、1回の恋愛」 彼女…

Youtuber ラファエルさんの本を紹介したいと思います。『無一文からのドリーム』

この本を読んで思ったこと。 Youtuberっていうのは、ただ単に面白くて、運が良かったから人気になったのだと思っていたのですが、成功する人っていうのはやはり凡人と違うなあと思いました。 ラファエルさんは自衛隊に入隊します。 その後会社員として営業マ…

以前ブログに書いた、私の生き方に影響があった本を4冊紹介します。

トルストイ氏『人生論』 この本を読んだのは新入社員の頃だったと思います。 難しい本でそこまで理解はできなかったのですが、唯一覚えているのが、「明らかに無駄と思う行為は避けるべき」といった教訓です。 遠回りは近道。私はそんなことを思っているとき…

事務職に就く方へのお勧めの本。甘く見ると潰される

事務職といえど、業界が多すぎて一概には言えませんが、ひとつの例として、参考にして頂けたら幸いです。また、事務職は楽ではありませんでした。はっきりいって地獄です。 なぜ大変なのか。 ・業界のルールや知識がないと仕事が進まない。 ・会社の既存シス…

小説を書くのって、けっこう疲れます。作家・漫画家はやはり凄いです。

今、4月10日締め切りの小説電撃大賞に応募すべく、全力で書いています。 といっても、タイピングなんですけどね。 タイピングは仕事のおかげでかなり早くなりました。 物語としては、僕が26歳の時に体験したことを書き綴っている感じです。 よく、いろ…

「高校生・大学生にお勧めの本はなんですか?」と聞かれたら、「本の本」をお勧めいたします。

僕もこのブログを通していろいろな本の情報を発信していますが、やはり信憑性がないと思うので、本の本を買うのがいいのではないでしょうか。本の本とは、本のなかで別の本を紹介している本のことです。 たとえば、『読破できない難解な本がわかる本』という…

一人暮らしをはじめる新入社員の方にお勧めの本 ひろゆき『無敵の思考』

僕が新卒で入った会社の福利厚生は最悪でした。 寮がない、住宅手当ない、残業代ほぼない。 でも僕は一人暮らしを始めました。(単純に親と離れたかった) しかし、、、、 あまりにもカツカツな日々は僕の心を苦しめることに。 その頃、僕は料理が全然できなく…