はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』は本当だった。

年前、この立花岳志氏による本を読んだ。

勿論、そんなものは才能でしかないと思っていた。

ところが、それがいよいよ現実的に本当だと感じるようになってきた。

 

 

厳密に言えば、まだ「実現」はしていない。

しかし、民間企業から記事の執筆依頼が来た。

踏み切れず断念しつつあるが、これを実行すれば「好き」と「ネット」が、「お金」を降らせることの証明になったはずだ。

 

 

また、厳密では「(本代に使った)お金がある程度戻ってくる」になってしまうが、それも実現させた。

メルカリという、新時代の幕開けを彷彿とさせるDXのおかげで可能になった。

僕はTwitterともメルカリを連結させている。

そして、Twitterから来た人が本を買ってくれる経験も実際に体験した。

 

 

「好き」とは何か。

哲学的な次元においては答えることはできないが、「苦ではないこと」に尽きる。

僕にとって読書は苦ではない。

僕にとってブログで文章を書くことは苦ではない。

 

 

無理にブログを更新しようと思っている人、無理にブログからお金を得ようとしている人は絶対につづかない。

つづいている人は「苦ではない」ことの証しであると個人的には思う。

 

 

つづく