はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

「本は高い」はピント外れ

1万円を持っているとする。

大型書店やAmazonに、新品で税込5500円の本があるとする。 おそらく専門的な本である。

値段を気にせず買う。読む。

あとはメルカリで売る。

実は専門書のほうがよく売れる、というのが今の感覚である。(600冊以上メルカリで売った経験から。僕のメルカリのページはプロフィール欄に掲載中)

もちろん、本は大切に扱うことが前提である。

何故か。

 

・売場が少ない

基本的に、大型書店にしかない。

もしくはネット。

・新品の本は割引できない。

大型書店で売れない本ほど値崩れが起きない。

鬼滅の刃のような、どこにでも売っているものほどすぐに価格崩壊する。

新品の本はおよそ、7~8割の値段で売れる。

つまり、5500円の本は1500~2000円で買えると言える。

専門書に限らず、メルカリの台頭で市場が大きく変わったのである。

 

ということは、1万円でも5万円弱の本代に化けるということである。