はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

読書日記640

読んだ本:

引用元:版元ドットコム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メモ

 

なし

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日記

 

「古典とは意味の伝達を止めることがない本」

そのようにカルヴィーノが語る。

この意味を身をもって知るにはおそらくまだまだ先になるかもしれない。

 

 

本書は一度売ってしまった。

内容がやや難しいと思ったからかもしれない。

あれから2年弱立った。

カンディード』のヴォルテールヘンリー・ジェイムズミシェル・ビュトールディドロ、、、、etc.

 

 

本屋にあくせく通い、気づいたら地図ができあがっていた。

そして読むのが楽しくなった。

例えばミシェル・ビュートルは『レペルトワール』という本を出している。(現在は2まで出版されている。)そのなかでも様々な書評(たとえば『危険な関係』など)が書かれていて、そこからまた派生して新しい作家のことを知った。

こういうことを2年くらい続けた結果、自分になりに地図ができていた。

 

 

本は読めば読むほど楽しくなる。

これは間違いない。

古典を読む楽しさはまだまだ経験が浅いので理解はできていない。

古典を読むのが楽しい。

いつかその日がくることを密かに楽しみにしている。

 

 

つづく