はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

読書日記335

井健『バタイユ入門』のつづきと、

仲正昌樹ポストモダンニヒリズム』のつづきを読む。

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

 

バタイユはアカデミックの世界において「最も完成された代表者」とまで言われた。

本書は入門書とはいえ、何を言っているのかさっぱりわからず、参ってしまった。

バタイユの思想には「低い唯物論」というものがあると書いてあった。

小林秀雄に影響を与えたベルグソンは「唯心論」であることから、知識人同士の僅かな思想的違いというものを見出すにとどまる。

バタイユを学びたい人にとって本書が有益なものとなるかは、個人的には疑問であると感じる。

 

 

仲正氏の本も難しい局面に入った。

ベンヤミン『暴力批判論』をJ・デリダが「脱構築」するところから読み始める。

法、暴力、権力の相互作用について考察されたものとなっている。

あくまで私の解釈では、デリダの言わんとしていることは、法の最終目標は「正義」であって、その目的を達成するためには「暴力」を正当化・許容するが、暴力自体の目的はそもそも「正義」とはなり得ないことから、「権力」が介入することによって法と暴力が癒着し、ポスト近代はアポリア(道がない)になるのだと解釈した。

参考記事:中山元『正義論の名著』ちくま新書(2011年)読了

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

 

つづく