はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

読書日記60

ちらのつづきを読み進める。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

今日はベンサムとミルの功利主義について読んだ。

最大幸福。

よくみると、その幸福とは「快楽」であった。

つまり、単なる快楽主義者なのだろう。

 

 

快楽の極にあるのは「苦痛」。

かくして快楽ー苦痛の対立関係が成り立つ。

そして、快楽と苦痛が相殺され、その結果快楽がもっとも最大となるような社会が正義であるということになる。

ミルは、この二分法が単純であることを認める。

 

 

例えば筋トレをする方であればなんとなくわかるかもしれない。

苦痛も、快楽の種になり得る。

厳しい訓練を経た結果、実りのあるものとなる。

世の中には敢えて苦痛を選んでいるようにみえる人もいる。(修行僧など)

 

 

現在では古典と位置付けられている。

しかし、この頃から現代の正義論の骨格が形成されてきたようにみえる。

つづく