はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

柳美里『人生にはやらなくていいことがある』ベスト新書(2016年)読了

ちらの本でお勧めされていたので購入。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

 

僕はいつも、読み終えたときにタイトルの意味を考える。

今回はどうだろうか。

 

 

この方は過去に高校の退学や自殺未遂を経験している。

それでも「後悔はない」と言う。

それはどういうことか。

 

 

「人生に計画は必要ない」と柳氏はいう。

僕もそう考える。

本書では東日本大震災のことが書かれている。

国家規模の災害が起きたときに、計画が壊されることがある。

リスクというものだろうか。

 

 

常に人はリスクにさらされつづけている。

でもそれは悪いことではない。

大事なのは、そのつきあい方である。

著者はそのことを深く理解しているのだと思う。

 

 

僕も計画をたてることはしない。

厳密言えば、たてることはできない。

立てては崩れ、立てては崩れの連続。それを過去に痛いほど僕は経験してきた。

 

 

ここでまとめに入りたい。

つまり、人生にはやらなくていいこととは、

「のちに後悔するようになる事」であると言える。

 

 

この本は少々哲学的でもある。

のちに後悔する事とはなにか。

僕が何回もブログで書いているように、「計画的」な人生だ。

それは一見、おかしいように見える。

しかし、逆説的に「計画的な人生」が「後悔のもと」になった事例などいくらでもある。

今を生きるということは単純であり、難しい。

 

 

この本を読むことで、その逆説と人生の本質を感じとることはできるはずである。

つづく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

nainaiteiyan.hatenablog.com