人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

目標と努力についての結論

力とは、

「目的  ( = 目標) を達成するための作業の総和」

です。

 

目標が達成できなければ、本来は「努力不足」なんです。

では、

「運が悪かった」とは何を意味するのか。

→目標の達成には「運」も必要とする。

 

という帰結になります。

故に、本人が行った行動は、部分的に結果には反映されないということになります。

 

 

そうなると、「目標」という概念に「ギャンブル」の要素が入り込むわけです。

取り返しのつかない人生において、ギャンブル的な要素を含むものに「全力投球」することに何か意味があるのでしょうか。

 

 

運の要素がなく、「努力不足」が原因なら何が言えるのでしょう。

つまりは、

「マニュアル通りに行えば目標は達成できる」

ということになるわけです。

 

 

裏を返せば、「目標達成には、マニュアル通りに人生を生きなければならない」ことになるわけです。

僕はハッキリ言って、そんなつまらない人生を送るなら死を選びたくなります。

どちらの場合にせよ、愚行であることに変わりはないのです。

 

「この人はまた変なことを言っている」

と思われても仕方がないとは思いますが、僕はこれ以上努力についてはもう考えません。結論です。

(↓ ↓ はじめて僕のブログをご覧になった方に)

 

nainaiteiyan.hatenablog.com