はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

読書日記637

読んだ本:

引用元:版元ドットコム

つづきを読み進めた。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メモ

 

なし

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日記

 

100ページほど読み進めた。

海外旅行の経験が古典新訳に生かされていることが語られた。

また、話は主に1990年前後の、世界史が大きく動いた時期に集中していた。

 

 

著者はソ連に行った際に違和感を感じる。

物が少ない。

レーニントロツキーの目指したものはこんな現実ではない、と語る。

 

 

韓国に行った際には軍人がいたるところに居て、英語を喋っていると絡まられた、といったこと等が語られた。

結果としては、歴史や文化というものを著者は全然分かっていなかったことを学んだという。

 

 

現地に行っても分からないことはある。

一方、現地に行かなければ分からないこともある。

時間は有限。

そのなかで私たちはなにができるか。

 

 

まずは著者が何故古典新訳にこだわったのか、ここを見定めたい。

 

つづく