はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

2021-12-22から1日間の記事一覧

原因/結果と関数。精神医学に関して

現代は、とにかく原因を特定しなければ気が済まないように見える。 社会的に重大な事故が起きれば、まあ当然、究明するのは当たり前なのだけれども。 しかしながら、その完璧主義的な論理構造に僕は欠損を感じる。 例えば、富士山はいずれ噴火するもの。いつ…

二律背反の合理的回避

自分は70億人という途方もない数字のなかのただ一人に過ぎない。 しかしながら、そうでありながらも「アイデンティティ」「個性」に拠り所を見出している。 何と何が矛盾しているのかを理解しつつ、それ以上詮索しないように人は無意識に回避している。 それ…

モリス・バーマン『デカルトからベイトソンへーー世界の再魔術化』読了

僕は書評のセンスがない。 今回はまとめつつ、だらだら感想を書いていく。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ・とりあえずタイトルの意味を回収 大昔の人は科学ではなく神話が秩序を生み、世界の緩衝材は神話であった。 現…

サブリミナルと心理実験そして人間社会

サブリミナル・・・識閾下の 心理学ではパブロフの犬というものがある。 ベルを鳴らす⇒肉を与える。 これを繰り返すとベルを鳴らすだけで唾液が分泌される。 これを心理学用語で古典的条件付けという。 人間社会でも似たようなことが起きている。 給料日にお…