はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

読書日記303

ストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』光文社古典新訳を読む。

面接に落ち、悔しいので名著を一冊読破してみようという気持ちになる。

翻訳者は最近よく見る亀山氏である。

nainaiteiyan.hatenablog.com

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

 

僕はこの名著を読むにあたり、人物相関図を書きながら読むことにした。

今回ばかりは本気である。

ドストエフスキーの本はだいたい買ったが積んどくのままになっている。

悔しい。

今回は絶対に読み倒す。

 

 

つづく