人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

求めているものは手に入らないという逆説

参考資料:三島由紀夫『不道徳教育講座』

 

面白いなと思ったのは、恋愛以外についても同じことがいえるということでした。

 

お金を求めている人は、往々にしてお金を使ってしまうため、いつまでも貯まらないというのは簡単な話ですが、要するに、お金を求めていない人はそもそもお金を必要としない、つまりお金を使わない人なので、どんどん貯まるという話です。

 

三島由紀夫氏は、これを、「絶対の勝利者(欲しがらない人)」「空っぽな人は機械的勝利者になる」などと表現しました。平凡が一番の幸せという主張はこの論理であります。(僕は同意しませんが)

 

結論

欲しいと思ったら欲しがらないことです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】不道徳教育講座 改版/角川書店/三島由紀夫 (文庫)
価格:491円(税込、送料無料) (2020/10/3時点)

楽天で購入