はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

ティッシュペーパーみたいな言葉

アナロジー的に考え、言葉にも質量があると僕はみる。

そもそも、人は「言葉の重み」という表現をする。

いや、言葉はアナロジーがかなり占めているとも言える。

 

 

中身のない男と表現されることがある。

つまりはスカスカ。

でも頭の回転が速い人は「ということはスポンジのように柔軟性があって有用ですね」と返事ができたりする。

 

 

ティッシュペーパーは空中で不規則な運動をする。

どこへいくか全く検討がつかない。

言葉も、どのように解釈されるか分からない危ない表現がある。

つまりは不規則な言葉。

 

 

そもそも、言語自体が規則的でありつつも、実は意味や法則が正確には掴めていないという、不確実性を持つ。

これはアナロジー的にはどのような物理現象に例えることができるのだろうか。

 

 

言葉自体がティッシュペーパーのようにも思えてくるのである。

つづく