はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

とにかく1万文字書いてみたいので、はてなブログ10周年特別お題をやってみた

はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと

 

この記事を書いてからカフェを出たいと思う。

また、おそろしく長い記事になるのでマニア方のみお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この10年で変わったこと。

以下の点である。

 

・恋愛観

・人生観

 

この2つを中心に書いていきたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恋愛観について

二十歳に初めて彼女ができる。

とりあえずネットで繋がった相手であった。

僕は恐ろしく内向的で、恐ろしくビビリであった。

 

 

とりあえずネットに頼るしかなかった。

なんとか相手を見つけた。

 

僕は奥手の中の奥手、つまりはキングボンビーならぬ、キング・オブ・奥手であった。

そのため、とてもいちゃいちゃできるレベルになかった。

「一緒にいると不安になる」

といわれてしまった。

不安にさせてごめんなさい。

そしてお別れ。

4ヶ月の付き合い。

 

 

21歳になった。

僕はパニック発作を起こす。

化学科の大学を中退する。

フリーターになる。

 

しかし恋愛はあまりしなかった。

恋愛より、僕にはドラクエ6が大事だったのだ。

スーパーテンツクを主力メンバーにする。

 

 

気づけばテンツクはレベル99に。

ダークドレアムをテンツク1匹で倒せるようになっていた。

 

 

パニック発作が落ち着く。

僕は地元の大学に編入学する。英語を学び始めた。

 

 

22歳。

18歳もいる教室は苦痛だった。

とにかく苦痛だった。

「なんでこんなおっさんがいるの?」

と思われている気がした。

 

 

学校はそこまで馴染めず。

出会いはなくはなかったが、あまりパッとしなかった。

 

 

お見合いパーティ的なものに参加し始めた。

とりあえず何回か行った。

失敗が多かった。

 

 

カップリングしても失敗。

または、こちらがあまり気乗りせず。

ところが良い子に出会う。

女子校出身の落ち着いた子だ。

のちに1年弱付き合う。

 

 

23歳。

就活で恋愛どころではなかった。

でも説明会ではナンパしたこともあった。

とにかくつかれていた。

 

 

この頃には、もう内向的な自分はいなかった。(英文科の文化ゆえか?)

内定をもらう。

さあどうしよう。

とりあえず真面目に英語の勉強をした。

準一級をとっておきたかった。

ところが3点足りず一次試験敗退。

 

 

僕は街でナンパをするようになる。

ナンパ本を読み漁る。

ここで宮台氏、高石氏の本に出会う。存在を知る。

 

 

しかし。

なにか、こう、これ以上踏み込んではいけないような、妙な殺気を覚えた。

震える。

びびる。

 

 

気づけば38歳と付き合っていた。

年上のお姉さんにとにかく憧れた。

一時の青春。

 

1000文字を超えたところで指が痛くなってきた。

また今度続きを書きたい。(根性、忍耐0)

つづく