はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

処女であることよりも、童貞であることのほうが悩みの種になりやすい問題について語る。童貞問題

0代を越えても童貞である男性についてどういうイメージを持つだろうか。

 

敢えて何も言わない。

ただ、人生相談の本を読むと一定の割合で童貞問題が出てくる。

おそらく、童貞を気にしている大学生は少なからずいるはずだ。

 

しかし突き詰めると、童貞の何が問題なのかよくわからない。

何故ならば、童貞を早く卒業したからといって、特に何も起きないからである。

童貞を卒業して自信がつくような男がいたら、そちらのほうがむしろ弱さを感じる。

 

お金と幸せの関係は厳密には繋がっていないことを考えてみる。

すると、恋愛と童貞にも厳密には繋がっていないこともわかる。

 

「経験がない人は無理」

こういう発言をする人には倫理観、論理性に脆弱性を感じる。

 

じゃあと、童貞を捨てるために遊びで女性とやってみることにした。

「最低」

おそらくこの言葉が返ってくるのでは。

だから僕は言う。

女性とは矛盾を持つもの、そしてそれを自覚せぬ者。