はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

「学校では教えてくれない」問題について語る。お金。恋愛。

純に、「学問を教えるための場」であるからではないだろうか。

教員はあくまで一般人であり、学者ではない。(大学などを除いて)

お金を語るにしても、経済学や金融工学統計学など専門家の範疇になってくる。

恋愛であれば、遺伝子工学、生物学、認知科学、心理学あたりであろうか。

 

僕は20歳のころ、人生の大事なことが全く学校で教われなかったことに苛立ちを覚えた。

だが無理もない。

学校は人生について語る場ではない。

 

お金も、単純に学問としては成立していない。

あくまで学問を教える場である。恋愛もしかり。

 

そういうのは親が教えるのでは。

それが伝統だったのでは。

 

「学校で何を学べないか。」

この視点で学校について考えてみると、隣のライバルに差をつけられるかもしれない。