はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

「必要悪」とは何なのか。売春について語る。

は、「必要」としている人がいて、「悪」とみなす人がいて、そのせめぎ合いの末、「必要悪」という言葉が生まれたと考えた。

 

あまりにも議論し尽くされた問題であろうから、敢えて多くは語らない。しかし最後は持論を語りたい。

 

悪とされる理由について、「本人の判断能力がないから」「いつか後悔するから」「未来が心配」「金銭感覚が狂う」などが挙げられた。

 

(女の子にとって) 今は「必要」だけれども、将来、この行為が「悪」となる恐れがある。

おそらく、一般論としてこの意見が多数派なのでは。

 

では逆の例を考えてみてはどうだろう。

「ケーキ食べ放題」

これは、端的にいえば臓器、特に肝臓にかなり負荷がかかる。

糖尿病のリスクもある。

 

これも、今「必要」だけれども、将来「悪」になりうるだろう。

 

この論法を用いれば、「ケーキ食べ放題」を規制することに異論はないだろう。規制することでリスクを抑えられるのだから。

売春だけ禁じて、ケーキ食べ放題を禁じないのはおかしいのでは。

 

女の子が日常的にやっている行為で、将来彼女自身を傷つける可能性のあるものならいくらでもある。皆さんはどうお考えだろうか。