人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

2021-01-29から1日間の記事一覧

格差問題。学歴差別問題。

これはただの愚痴ではない。 問題点をあぶり出し、僕は何をすべきか、それを考える場である。 ・学歴差別問題 高卒は高卒の初任給。大卒は大卒の初任給が設定されている。 これはどーなんですか。 仕事は結果が全てなのだから、最初の1年は良いにしても、2年…

なんで技術が格段に進化しても、いつまでも生きるのが辛いのか考えた

「楽に生きる方法なんてない」 今のところそうなっている。 技術がどれだけ進歩しても、おそらくベーシックインカムのような、行政的な革命が起きない限りいつまでもいつまでも、僕たちは終わりなき資本主義の競争に晒される。 では何故そうなっているのか。…

合理的な時間の使用とは何か。P.G.ハマトン『知的生活』を読んで

彼いわく、 「人生をやり直したい人は、過去をもっと合理的に生きたいと言うだろう。しかしそういう人たちは大抵時間を浪費するだろう。何気ない気晴らしの時間に大切なものは隠されている」だそうだ。僕も同意する。 過去に何回も何回も書いた。 目標に固執…

認知は知覚を上回る

「寒い寒い~」と言う人は特に何も考えていない。 目の前の気温や冷気に気を持っていかれている。極端な例を言えば、第一志望の大学に受かった受験生は寒いことを忘れ、ある人は発狂するくらい嬉しい気持ちでいっぱいだ。つまり、寒さはある程度誤魔化せると…