はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

一元論的な形而上学と時間。多元論とフラクタル構造。

 前に一元論について触れた。

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

僕が持つ思考の根本はフラクタルである。(相似)

何故か、世の中はフラクタルで説明がつくことが多い。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

 

時間論には、おそらく解が複数ある。

それは、相対性理論の考え方を考慮して。

神はサイコロをふらない、という名言がある。

 

神の存在を認めたとしても、一元論の話に帰結する。

おそらく、間違い。

 

神がいたとしても、神が複数いると考えるべきだ。

一元論は争いを生む。

だから多様性が必要なのであり、多元論も必要なのである。