人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

読書論。定性と定量のバランスを確保したい。

論文は客観の集まりだと見ている。

それに対し、書籍は、学術に近ければ客観が強いが、論文ほどではない場合もある。

新書や文庫、思想書になると客観性が少し抜けていき、主観性が上昇する。

タレントの本やエッセイになると主観が主になる。

しかしバランスが大事で、定性と定量が偏ると、自ずと考え方も突飛なものになる。