はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

学問と学習の違いについて。永田和宏『知の体力』を読んで

著者によると、

学問とは、

「学び、かつ問うこと」

つまり、自発性が求められる。

 

学習とは、

「学を習うもの。」

つまり、今世の中でわかっていることを先生から習うこと。

 

ということである。

 

この定義はあくまで著者の意見であるが、僕も納得できる。

例えば、仕事で同じミスをしてしまったとき、

「学習しろ」といわれる。

これはある意味変な言葉である。

 

習えということなら、誰かに習わないといけない。

じゃあと、先輩に聞くと「前にも言ったよね?」と言われる。

「クソヤローーーーーーーーーーーーーーーーー!!」

と言いたい気持ちがわかる。

 

言葉というものは本当にやっかいだ。

定義があいまいすぎる。

「オレもてるよ。」

「今まで何人に告白された?」

「5人。」

「それもてると言わないからwww」

またしても「クソヤローーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」

である。

話がそれてしまった。

 

当たり前のことだが、「問う」ことによってのみ「学」は発達する。

やはりここでも僕は「問う力」の大切さを強調したいのである。

問い屋さんは、今日も「問う力」を考え続ける。