はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

日本女性の社会進出はフェミニズムというより・・・国が貧乏になったんだ。

平均年収は90年代がピーク。

しかしスーパーに行くとだいたい値上げしている。

僕が子供の頃は消費税5パーセント。

自販機で500mlのジュースは150円。

しかし、最近は480ml150円とかになっている。

それが無理な場合160円。

 

本は・・値上がりしていないみたいだ。

パソコンは・・安くなった気がする。冷蔵庫。洗濯機も。

衣・食・住

肝心の食は明らかに値上げした。ということで、一人暮らしはきつい。

結婚生活は・・・もっときついだろう。

 

最近働いている女性がかなり多い気がする。女性専用車両は差別ではない。

単純に、電車を利用する女性が増えたんだ。

 

日本の男は稼げない。格差がすごい。

僕もあまり稼いでいない。低年収。

 

フェミニズム・・・奇妙だ。

ただ、国が貧乏な時、昔の人はどうしていたか。

子供をたくさん生む。

今は逆じゃないか。

貧乏なのに生まない。

 

僕は大学に行く必要があまりわからない。金持ちなら行ったほうがいいとは思う。

早く実社会に行くべきだ。公務員だって10代で就けるじゃないか。

 

生存戦略からすれば・・・

安易に大学に行こうという考えは危険だ。大学は遊びに行く場所ではない・・・

 

中卒が何だ・・・情報で溢れている社会だ。何でもできる。

働かないと自分はわからないものだ。最低賃金は、神奈川なら960円だ。

マイノリティの方を除けば誰でも月16万以上は保障される。

実家で暮らし、3年で200万をがんばって貯めれば、あとはもう安心じゃないか。(与沢翼さんの本より)

若い人ほど有利だ。

働けば、わかる。ある程度は。大検を受ける。医者でも看護師でも警察でも消防士でも、大企業でも、臨床心理士でも社労士でも。建築士。教員。司書。学芸員。なんでもある。

 

大事なのは実務・情報・知恵・貯金ではないか。

ちょっと大学にこだわり過ぎていないか?日本。

実社会では以外と大卒じゃなくても活躍している人はかなりいる。

 

ところで問題はお金なのか?

いや・・・違う気がする。