はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

統計学的に、ビジネス本を5000冊読まなければ内容の判断はつかない。

引用元:富山大学大学院医学部薬学研究部バイオ統計学・臨床疫学

 

http://www.med.u-toyama.ac.jp/biostat/Column-The%20number%20of%20investigate%201000-(JPT,%20Oct%202017).pdf

 

統計の対象は2000人またはそれ以上が一般的だろう。

そのくらいの数を集めないと一般化できない。

 

ビジネス本もそうだろう。

「こうすればうまくいく」

馬鹿ですか。

僕の経験上、ビジネス本はよく売れます。

しかし、依然として日本の平均年収、中央値など、変わってないじゃないですか。

むしろ下がってません?格差社会です。

 

本当にうまくいくかどうかは、5000冊読んでから言ってください。

忙しい経営者は5000冊も読めないでしょう。

 

結論:ビジネス本に根拠はない。確認したい場合5000冊を読むべし。