はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

医者ほど一緒に働いてタチの悪い奴はいない

普段は無駄な感情を押し殺し、仕事を円滑に進ませることだけを考えていた私だが、さすがに頭にきてしまったことがある。

 

「20分遅れる時は電話する。10分程度の遅れくらいでいちいち電話をよこすな。」

もう訳がわからないのである。

1分の遅れだろうと遅刻は遅刻じゃないか。

 

これが上級国民の特権なのでしょうか。

部長も黙認。保身に走るなよ。

 

提出を求められている書類も、書く気がないといって提出しない始末。

 

医者ほどタチの悪いというか、常識に欠ける人間はいないだろう。

医療の発達が超高齢社会を生み、シルバー民主主義とかいう言葉まで誕生して、若い人が食い物にされている。

 

これに加担しているのは間違いなく医者だ。

そんな医者がなぜ偉いのだろうか。なぜ先生と呼ばれるのだろうか。

 

訳がわからない。

 

でも、矛盾だらけの世の中は嫌いではないがね。