はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

言葉の力

テヘランでロリータを読む』を読むと、書物が部分的に発禁となっていたことが分かる。

これは形は違えど、「承認」に他ならない。

つまり、政府が言葉の力を恐れているということ。

何故なら、書物は言葉の集積であるから。

 

 

言論とは何か。

言論の自由とは何か。

何故人は言論の自由を勝ち取ったのか。

 

 

もう一度問いたい。

言葉の力を。

文学の力を。

人は言葉でしか成り立ち得ない。

人は概念や抽象では成り立ち得ない。

何故ならば、概念は言葉の束であり、抽象も言葉の変容体であるから。

 

 

 

言葉は無力か。

文学は無力か。

否。

政府は言葉を恐れている。

言葉は唯一の可能性。

 

 

言葉を失うこと、すなわち人間性を失うこと。

つづく