はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

複雑化の倒錯

雑であればあるほどに、原因と結果を特定することが不可能になりつつある。

新型コロナの死亡リスクを上げる因子やうつ病の原因などがそれである。

「かもしれない」で留まっている。

 

 

複雑であればあるほどに、実験の再現性が相反する形で無に帰する。

しかし、社会は無理矢理複雑化されているようにもみえる。

 

 

個人生活においては、ややこしい社会に抗う形で様々な生活様式、生活方法が提案されている。

ミニマリストノマドetc

 

FIREなんかもそうだろう。

 

 

今日、アカデミズムをより細分化に、より複雑化にしているのは紛れもなく人間である。

もはやあらゆる分野を橋渡しできる人間など存在しない。

政治判断に迷いが生じるのは言うまでもなくそのためであると思われる。

 

 

「シンプル イズ ベスト」と人は言う。

おそらく、真理をついている。

つづく