はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

ナッジ・ナッシュ均衡・利他・数学

こちらのつづき

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

例えば、

囚人のジレンマが典型的であるように、

個人の利益「だけ」を最大化することを目的とした場合、結果的に「非合理的」な結果になる。

 

 

つまりは、「だけ」においては「合理的」で、「二者」においては「非合理的」。

肥満の例も、もしかすると、

本人「だけ」においては「合理的」で、国というマクロからすれば「非合理的」。

 

 

つまりは、合理的な行動というものは、常にある側面においては「非合理的」となるのではないだろうか。

 

 

しかしながら、経済学の本を読むと、今日では、人々は複雑な計算式で経済を、政治を、そして世界を考えている。

 

 

僕は大学院の入試を終えてから薄々限界を感じてきた。

というのも、数式や数理モデルに当てはめて考えていかなければ、それこそただの素人の愚痴になってしまう。

 

 

僕は、

「思想には根拠がない」という意見を根に持っている。

悔しい。

 

また、こちらでは「偏微分」に触れた。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

このブログのクオリティをさらに上げていくため、さらに人生を豊かに生きる方法を実証的に示していくため、僕は再び数学を極める決意をした。

 

 

 

まずは大学院入試手前までのレベルにもっていきたい。

つづく