はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

感情のミクロ的勢力均衡

情を円環モデルに置き換える考え方がある。

 

 

今日、カフェで中国と戦争について熱く語っている若い男性がいた。

僕は、国際関係の話や軍事にはあまり関心がないために、何を話しているのかあまり理解できなかった。

大学で、勢力均衡の講義を受けたことを思い出す。

詳しくは覚えていないが、均衡が保たれる限りにおいては、安定していて、強弱のバランスが崩れると同時に秩序も崩壊するという話だった。

 

 

僕はそれを感情に当てはめてみた。

感情も実は常にあって、とりあえず自覚できないレベルで落ち着いていて、怒りが強くなれば怒り、不安が強くなれば不安になる。

 

 

ウォークマンノイズキャンセリングがある。

ある騒音を別の周波数で相殺するという凄い技術である。

 

 

もしかしたら、怒りが限度を超えて落ち着くのはノイズキャンセリングによって勢力が均衡になるからでは、と思った。

つづく