はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

読書日記615

読んだ本:

引用元:版元ドットコム

つづきを読み進めた。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

nainaiteiyan.hatenablog.com

nainaiteiyan.hatenablog.com

nainaiteiyan.hatenablog.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メモ

 

解釈学的現象学ハイデガー

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日記

 

フッサール哲学は「意味は言語に先行する」ことを前提にするものあった。
しかしながら、意味の「所有」の仕方について答えることができなかったとイーグルトンは述べている。

 


言語のない状態を想像することはほぼ不可能のように感じる。
ハイデガーは「存在」の観点からフッサール哲学を批判。
意味を構成するものは世界の外部にはみ出し得ない。

 

 

ハイデガーの論じ方は解釈学的現象学と言われる。

 


どの本に書いてあったのか忘れてしまったが、今日フッサールの立場を回復させる試みが行われていると書いてあった。
フッサール哲学の限界を超えることができるのか、その動向には少なからず興味はある。


・・・

 

認知行動療法の要は「認知=意味」の更新である。
非合理的な「認知=意味」を破棄し、合理的な「意味」へと書き換えを行う。
言語に先行する意味の存在を認めると、直感的にはその理論に行き詰まりを感じてしまう。